ブラジル 大自然の恵みジャラポン by 旅人 ジャッケリーネ

ブラジルのほぼ中心ともいえる場所Toacantinsは、その首都のPalmasです。Jalapãoは中心地から約195 kmも離れた場所にあります。着いた日はゆっくりと一泊し翌日の早朝に出発します。
ほとんど、人の手が加わっていない大地Jalapãoは、アウトドアな感覚で都会の慌ただしい毎日から少し開放をすることができます。
雨季と乾季はありますが、それぞれの魅力を味わえることで、一年中観光のシーズンとなっています。

それでは、Jalapãoの魅力を紹介していきたいと思います。
Jalapãoに向かう途中の町、TAQUARUÇUではCACHOEIRA DA ARARAを観光します。神秘的で水しぶきがとても爽やかな滝では、水浴びも楽しめます。
IMG_E3376

YHUF9118

旅は続き、アスファルトも途中からなくなり、オフロードな車道が続きます。
旅のほとんどが、土の赤、空の青、雲の白、Cerradoの緑のコンビネーションを楽しみながら進みます。
IMG_3566

一日目の終わりには、穴あき石(MORRO DA CRUZ &PEDRA FURADA)を観光します。自然の力によって浸食がすすんだ岩はついに穴が開いたことによってこの彫刻が作られました。
運が良いと穴あき越しに見える夕日を見ることができます。
IMG_E3395

IMG_E3481

Jalapão のもう一つの魅力としては、奴隷制度から自由を求めて、BahiaやPernanbucoから逃げ出した人々が集まったことでできたコミュニティー(QUILOMBO)を訪ねることができることです。独自の文化によってハンドメードな飾りや日常用品を作りながら暮らしてきた様子はとても興味深いものです。

ドラマの撮影でも使われた砂丘(DUNAS)は、オアシスの中に突然オレンジの砂丘が現れ、色の鮮やかさ、山の形によってその景色はどのアングルから写真を撮っても美しくなります。この日も壮大な砂丘の上から夕陽をみて二日目を終了します。
IMG_E3670

QRSI6020

Jalapãoでは、FERVEDOUROと呼ばれる湧き水の天然プールがたくさんあります。水の湧く中心の部分(目)に立つと一瞬足が救われて冷っとしますが、すぐに浮きます。沈もうとしても押し上げられる感覚があり、他の場所では、体験できないと思います。

YFES9077

水際の部分の水底には、細かい白い砂があり、水との反射でエメラルド色になったり、青くなったりします。新感覚な雰囲気と美しさにとても感動しました。

一日目の神秘的な滝とは違って、CACHOEIRA DA FORMIGAは、透明度100%のコバルトブルー色の滝です。

NSTB8020

IMG_4388

滝つぼに沈んだ流木や藻、小さな淡水魚が泳いでいるのが上からはっきり見えてしまいます。

水がまぶしいぐらいに青く輝くその姿は見入ってしまうほどです。

こちらの滝でも水浴びができ、勇気のある方は飛込台もありますので、楽しんでみては如何でしょうか。

Palmasに戻る途中には、MORRO DO GORGULHO, PEDRA VERMELHAに止まり写真を撮影をします。

YIMF5701

Cerradoのど真ん中に恐竜の背中みたいな形になった岩は、何十年何百年にかけて、雨風によって表面が削り取られて鱗みたいな模様となっていて珍しかったです。

IMG_5086

皆さまも是非このありのままの自然が残るジャラポンをお楽しみ下さい。

Author

コメント